初めてでも大丈夫だった!

こんにちは。

入口が見つからず遅刻したインターンの鷹啄です。

11月10日に宇津木の森での里山保全活動に参加しました。

今回の主な活動内容は、

草刈り、薪割り、柚子の収穫でした。


私は鶴折れないくらい不器用で、

小学生に腕相撲勝てないくらい力もないので、

今までそういう重労働っぽいことを避けたく、

自然の中で何かをしたいと思っても、参加していませんでした。


確かに最初は、どれも初めてやることなので苦戦しましたが、

だんだんと出来るようになりました。

今回のこの体験で、少し自信がついたので、

今後はこういった活動をどんどんしていきたいと思いました。

私と同じように、こういう作業は出来ないよ…と思ってしまっている方も

ぜひ勇気をだして参加してみてください!

次回の開催は12月10日です。

お会いできるのを楽しみにしています:)

詳細はこちら

http://www.foejapan.org/satoyama/utsugi/index.html

環境と人権のためにたたかったFoEインドネシアの活動家、命を落とす - 徹底的な調査と人権保護を

今月6日、インドネシア最大の環境団体、FoEインドネシア(WALHI:インドネシア環境フォーラム)北スマトラ支部のメンバーであったゴルフリッド・シレガール(Golfrid Siregar)が亡くなりました。34歳の若さでした。ゴルフリッドの冥福を祈るとともに、全ての環境・人権活動家の安全が確保されることを切に望みます。

 ゴルフリッドは、10月3日木曜日の早朝、重度の頭部外傷のため、非常に危険な状態で発見され、6日に搬送先の病院で息を引きとりました。現地警察は死因は事故であったとしていますが、損傷は頭部のみで身体は無傷であったこと、彼の所持品が消えていること、彼のバイクは損傷が少なかったことなど、不可解な点も多いため、活動家を狙った暗殺の可能性も非常に高く、WALHIを含む市民団体、およびFoEアジア太平洋グループは、インドネシア政府に対し、迅速かつ透明性の確保された形で彼の死因を調査するよう声明を発出しました。

 ゴルフリッドは様々な環境や人権の保護、特に北スマトラでの活動に人生を捧げました。プランテーション、違法伐採、水力発電ダム、砂採掘会社に対して提訴した漁民への支援など、企業により被害を受けたコミュニティ支援に精力的に取り組んでいました。


 インドネシアでは、環境や人権を守り活動する人々の命が常に危険にさらされています。FoE Japanがともに活動するインドネシア・インドラマユで石炭火力発電事業に反対する農民たちも、一時弾圧としか思えない理由で投獄されました(http://www.foejapan.org/aid/jbic02/indramayu/180924.html)。日本もまったく無関係ではないのです。また、インドネシアだけでなく、世界各地で活動家の人権侵害や生命への脅威が増しており、英国の人権監視団体グローバル・ウィットネスの今年の報告によると、2018年には週に3人のペースで活動家が殺害されています(https://www.globalwitness.org/en/campaigns/environmental-activists/enemies-state/)。

 今日、環境を守るために活動するということは旧来の自然保護の枠を超え、多くの国や地域で強権的な政府や大企業などの既得権益に対し土地や地域社会の権利、人権を守ろうと志す多くの人々の命を賭けた活動となっています。国連の人権擁護者に関する特別報告者のレポートは、問題の背景として、資本主義社会における資源収奪や、市民社会ではなく企業に多くの力が集中したり、本来規制導入を議論・実施すべきはずの政府が企業優遇の姿勢を見せているなどの要因をあげています(https://www.protecting-defenders.org/sites/protecting-defenders.org/files/environmentaldefenders_0.pdf)。

FoEアジア太平洋による声明はこちら(英語)
https://foeasiapacific.org/2019/10/11/friends-of-the-earth-asia-pacific-demands-a-thorough-investigation-into-the-death-of-activist-golfrid-siregar/

市民団体の連合による共同声明は下記(英語原文は翻訳版の下部に記載)

共同声明

ゴルフリッド・シレガールの死に関する徹底調査を

ジャカルタ:人権擁護活動家のための市民社会連合は、WALHI(FoE インドネシア)北スマトラの活動家でもあった環境保護活動家・人権擁護活動家のゴルフリッド・シレガールの死に関し、迅速で透明性の確保された、かつ、実効性のある独立調査を実施するようインドネシア政府に強く要請する。ゴルフリッドは2019年10月3日木曜日の未明、頭蓋の重度の頭部外傷のため、非常に危険な状態で発見された。ゴルフリッドは搬送先の病院で10月6日の日曜日に息を引き取った。

私たちは、警察が、ゴルフリッドの死因が交通事故によるものだと拙速に判断を下したことを遺憾に思っている。彼の死には、(交通事故が死因であると判断するには)多くの不審な点が残っていると考える。例えば、事故の発生現場が不明である。当初、彼の家族は、ジャミン・ギンティングの高架道路で事故が発生したという情報を治安部隊から入手していた。その後、故の発生現場はティティック・クニングの高架下であったと変更された。ゴルフリッドの死は、交通事故が原因ではなく、暴力が原因で死亡したのではないかと疑われる。さらに、マルク州の先住民族の活動家であるヨハネス・バルブンのケースでも、2016年に事故で死亡したと警察が主張した。一方、今年初めにWALHI西ヌサ・トゥンガラ支部の事務局長ムルダニが暗殺未遂事件にあったことも明らかにされていない。

インドネシアやその他の国で発生した、死亡や殺人未遂につながるあらゆる暴力事件と同様に、社会・環境に係る権利のために闘う環境・人権擁護活動家の活動と、住む場所・生計手段の喪失や環境被害といった企業による破壊行為の脅威とを切り離すことはできない。人権団体からの様々な報告によると、環境・人権擁護活動家は、人権侵害の事例や深刻な環境被害を明らかにするために活動している一方で、襲撃や脅威に対して非常に脆弱である。

ゴルフリッドは特に北スマトラにおいて、様々な環境保護活動や人道的活動に人生を捧げた。ゴルフリッドとWALHI北スマトラの仲間が行った様々なアドボカシー活動の中には、シアンタールにあるMitra Beton社の活動により被害を受けたコミュニティへの支援、リンガ・ムダでの森林への不法侵入や違法伐採問題におけるコミュニティへの支援、ラブビーチでの砂採掘会社に対する訴訟のための漁民への支援、そして、NSHE社に対する環境許認可を発行した北スマトラ州知事に対する訴訟のWALHI弁護団のリーダーとしての役割、また環境アセスメントにおける署名偽装に関する調査を中止した北スマトラ州警察の警察官をジャカルタの警察本部に報告したことなどが含まれている。

環境保護活動家や人権擁護活動家の殺害につながる暴挙はこれまでも発生しており、増加している。インドネシアでは、インドラ・プラニ、サリム・カンチル、ヨハネス・バルブン、ポロドゥカが殺害されてきたが、今、ゴルフリッド・シレガールがまた殺害された。同様に、西ヌサ・トゥンガラ州でムルダニが放火により暗殺未遂にあっている。

今回の事件を受けて、環境と人権の擁護者であるゴルフリッドの正義と家族のために、そしてすべての人々の正義のために、私たちは以下を強く要求する:

  1. 1998年12月9日に国連で採択された人権擁護活動家に関する宣言の第9条 (5)に述べられているように、国は、調査を迅速かつ公正に実施し、又はその管轄地域内で人権及び自由の侵害が生じたと信ずるに足りる合理的な根拠がある場合に確実に調査を実施しなくてはならない。
  2. 警察官は、法の執行プロセスの説明責任を果たすため、開かれた形で、ゴルフリッドの死を徹底的に調査すべき。また、北スマトラ州警察には利益相反が存在することから、この事件の処理は警察本部に引き継がれるべきである。
  3. 環境と人権の擁護者に関わる事件であるため、国家人権委員会は直ちに事実調査の独立チームを結成すべき
  4. その緊急性に鑑み、これ以上の冤罪や死につながる暴力が起きないよう、国に対し、環境及び人権の擁護者の保護を確保するための政策(大統領令)を直ちに発出することを求める。
  5. 政府は直ちに人々の命と生態系の持続可能性の保護を主要な前提条件とする開発プログラムを立案し、実施すべき。開発のために、人々の生命と生態系を危機に晒してはいけない。

また、私たちは一般の市民に対しても、ゴルフリッド・シレガールの死に関する法の執行プロセスが適切に実施されるよう、共に監視するよう求める。将来、人々の権利や環境のためにたたかう人々の命がこれ以上奪われないことを切に願う。

Joint Statement of Civil Society Coalition

Investigate Throroughly the Demise of Activist Golfrid Siregar

Present the State to Protect Human Rights Defenders

Jakarta—The Civil Society Coalition for Human Rights Defenders urges the state to conduct an immediate, open, effective and independent investigation related to the demise of environmental and human rights defenders, Golfrid Siregar, SH, who was also an activist from Wahana Lingkungan Hidup Indonesia in North Sumatra (WALHI Sumut). Golfrid was found early on Thursday October 3, 2019 in a very critical condition due to severe head injuries in his cranium. Golfrid was the brought to hospital, until he breathed his last on Sunday, October 6.

The Coalition regrets the Police’s attitude to hastily state the cause of late Golfrid’s demise was due to a traffic accident. The Coalition considers that there are a number of irregularities found from his death. For example, unclear location of the incident (TKP). Initially, the family obtained information from the security forces that the incident happened at Jamin Ginting flyover. Then, the TKP changed underpass Titik Kuning. We suspect that the late Golfid’s demise was not because of a traffic accident however caused by violence that resulted in death. Moreover, the case of Yohanes Balubun, an activist for Indigenous People in Maluku, whose death in 2016 was claimed by the police as a result of an accident. Meanwhile, in West Nusa Tenggara (NTB), an attempt to assassinate WALHI West Nusa Tenggara Executive Director Murdani earlier this year has also not been revealed.

As any other violence cases that lead in demise or attempted murder that happened in Indonesia and other countries, it cannot be separated from the activities of environmental and human rights defenders who fight for the rights of society and environment from threats of destructions by corporations, such as the loss of residential, livelihood, and environmental damage. Various reports from human rights organizations show that environmental and human rights defenders are very vulnerable to attacks/threats while working to expose human rights violations cases and serious environmental damage. 

In the spanning of his life, Golfrid dedicated his life for various environmental advocacy works and humanity, especially in North Sumatra. Various advocacy works carried out by Golfrid and friends in WALHI North Sumatra, amongst other are assisting impacted local community due to the activities of PT. Mitra Beton in Siantar, assisting local community in Lingga Muda from forest encroachment and illegal logging, assisting fishermen in Labu Beach for the lawsuit against sand mining company, and lastly serving as the lead of WALHI legal team of the lawsuit against  Governor of North Sumatra for issuing environmental permits with defendant of PT. NSHE, as well as reporting the police officers in North Sumatra Regional Police (POLDA Sumut) who stopped the investigation of forged signature case in AMDAL to Police Headquarters (Mabes POLRI) in Jakarta. 

The violence that lead to death experienced by environmental and Human Rights Defenders has long happened and been increasing, Indra Pelani, Salim Kancil, Yohanes Balubun, Poroduka, and now Golfrid Siregar, as well as the attempted murder of arson experienced by Murdani in West Nusa Tenggara. 

From the incident experienced by environmental and human rights defender, Golfrid Siregar, for the sake of Golfrid’s justice and his family, and for the sake of everyone’s justice, we urge:

  1. The State must conduct investigation immediately and impartial or ensure that an investigation is conducted in reasonable grounds to believe that violation of human rights and freedom has occurred in its jurisdiction. As stated in Article 9 (5) Declaration of Human Rights Defenders passed by the United Nation on December 9, 1998;
  2. Police officers to thoroughly investigate the demise of Golfrid Siregar, openly to the public to ensure the accountability of law enforcement process. Given the existence of conflict of conflict interest in North Sumatra Regional Office (POLDA Sumut), therefore we urge the handling of this case to be taken over by Police Headquarters (Mabes POLRI);
  3. The National Commission for Human Rights (Komnas HAM) to immediately form fact-finding independent team, because this case was experienced by environmental and human rights defender;
  4. Given its urgency, we also urge the state to immediately issue policies (Presidential Regulation) that ensure the protection for environmental and human rights defenders. Therefore, there won’t be any criminalization and violence act that lead to death;
  5. Government to immediately draft policies and carry the development programs that put protection towards people’s rights to life and ecological sustainability as the main prerequisites. Therefore, for the sake of development, it doesn’t put in line the people life threaten and ecological disaster.

We also invite public in general to jointly guard the law enforcement process towards the death of Golfrid Siregar. In hope in the future there won’t be any live taken for fighting the rights of the people and environment.  

For further information please reach: 

Jakarta, October 10 2019

Human Rights Defenders Coalition

Wahana Lingkungan Hidup Indonesia (WALHI) – KontraS – Amnesty International Indonesia – Human Rights Watch – Yayasan Perlindungan Insani, Greenpeace Indonesia –YLBHI – ELSAM – Kemitraan – Imparsial – KRuHA, LBH Pers – HuMa – JATAM – HRWG – Solidaritas Perempuan

  1. Zenzi Suhadi, Eksekutif Nasional WALHI

Email: zenzi.walhi@gmail.com

  • Papang Hidayat, Amnesty International Indonesia. 

Email: papang.hidayat@amnesty.id

  • Ainul Yaqin, Yayasan Perlindungan Insani

Email: ainulyaqin@protonmail.com

  • Asep Komarudin, Greenpeace Indonesia

Email: akomarud@greenpeace.org

  • Yati Andriyani, Komisi untuk Orang Hilang dan Korban Tindak Kekerasan (KontraS)

Email: yatiandriyani@kontras.org

日本にもあった違法伐採!! 波紋拡がる宮崎県の盗伐事件(3)

第二回 宮崎市高岡町花見字山口(その1)

 本記事第一回の冒頭で触れた、伐採業者の黒木達也被告の初公判が2019年9月27日、宮崎地裁で開かれました。黒木被告は起訴内容を否認し無罪を主張。なお黒木達也被告は国富町の山林所有者に無断でスギを伐採し盗んだとして、森林法違反(森林窃盗)の罪に問われています*1
 また、黒木達也被告以外に、林業仲介業の富永悟被告の第二回公判が2019年9月4日に宮崎地裁で開かれたことも報じられました。富永悟被告は追起訴内容を認めたとのこと。富永悟被告は宮崎市加江田の山林約2.7(ha)でスギ1,330本を業者に伐採させ、盗んだとして、有印私文書偽造、同行使の罪で起訴、森林法違反(森林窃盗)の罪などで追起訴されたのでした*2
 これら宮崎県内の盗伐事件は、まだまだ氷山の一角に過ぎません。今後もさまざまな盗伐事件が明らかにされていくものと思われます。

 今回は、宮崎県盗伐被害者の会会員の川越静子さんの事件を紹介します。

事件のあらまし:盗伐現行犯が示談に
 この事件は、伐採届が提出されていない無届伐採で、盗伐(森林窃盗)です。また前回、会員の事例を3つに類型化しましたが、この事件は(1)高齢の独り暮らしの女性、(3)聴覚障害や知的障害など何らかの障害を持つ、または家族にそうした者がいる、に該当しています。
 川越静子さんは2016年(平成28年)7月末に盗伐被害に遭いました。林地の所在地は宮崎市高岡町花見字山口4925、4926-1、4927で合計面積は約0.41(ha)です。名義人は平成25年に亡くなったご主人、川越弘己さん。静子さんはご主人が亡くなった際に林地を相続しましたが、登記上の名義変更はしていませんでした。またこの林地は1972年(昭和47年)に静子さんが亡くなったご主人と共にスギを植えたところでもあります。当時のことを振り返りながら静子さんは話をしてくれました。

『山間の窪地ゆえ樹木を植えるためには水を流さなければならず、毎回鍬かスコップを持って行かなければならず、植林はとても大変な作業だった。結婚当時は貧しく、田んぼが売りに出た際、知人から「買わないか?」という話をもらい、借金をして土地と苗木を買った。その土地は元は田んぼだったものだが、米作りにはあまり向かず、登記を“山林”に変更して林地とした。これがはじめての財産だった。家も何もなく、林地にはとても愛着があった。週に一回は山を見に行っていた。主人と二人で大きくなったら息子か孫に家を建ててやろう、なんて話をしていた。それが「盗伐」に遭い、悔しくて涙も出ない』

 なお、この林地は元々が田んぼだったゆえ、地籍調査も済んでおり、「土地の境界が不明確」といった林地とは異なります。
 この事件は現行犯で発見されました。事件当日、たまたま川越静子さんの息子さんが林地のすぐ側にある田んぼに来ていて、林地からチェーンソーの音がするため、見にいったところ、H林業*3とN林業*4が伐採しているところを目撃し、急ぎ高岡警察署へ通報しました。三人の警察官が駆けつけてくれたまではよかったのですが、そのうちの一人、H警察官からはその場で示談を勧められ、示談書と思われる書面への指印まで要求されたのでした。
 それを聞きつけた静子さんは、翌日、高岡警察署へ行ったのですが、署の入口付近にH警察官が出てきて、静子さんからの相談を受けることもなく帰宅を促したのだそうです。静子さんからすれば、いわゆる「門前払い」を食らった形でした。
 さらに、その数日後となる2016年8月2日、H林業の社員二名が静子さんの自宅を訪れ、示談金20万円と「現場の片付け、および植林をすること」を明記した誓約書を置いていったそうです。その時のことを静子さんは以下のように振り返ります。

『相手が恐くて恐くて仕方なかった。二人で来たが顔もよく見られなかった。彼らが「どうもすみませんでした」と表面的に詫びの言葉を発しているところへ「あんたたちは泥棒だー!!!」と大きな声で言ってやるのが精一杯の抵抗だった。そうしたら「すみません、すみません」と、また表面的に詫びるのみだった』

 H林業との示談金のやり取りがあった後、静子さんは海老原さんと知り合い、彼のサポートを受けながら、2016年10月6日、宮崎市に伐採届の有無に関して情報開示請求をしました。その結果、「開示請求のあった川越弘己所有の土地にかかる伐採及び伐採後の造林の届出書の届出の事実がないため」と記載された個人情報不開示決定通知書(2016年10月20日付け)が宮崎市森林水産課より手元に届いたのでした。つまり正式な届のない無届伐採だったのです。

警察による人権侵害の疑い
 実は静子さんの息子さんは知的障害者で、第1種の障害者手帳も持っている方で、通常であればできることも、警察のような公の機関から指示を受けるような状況下では、極度の緊張状態に陥ってしまい、物事が十分に理解できず、判断もつかず、言われるままにせざるを得ませんでした。静子さんは以下のように息子さんの状態を説明してくれました。

『息子は漢字の読み書きができない。週に3回は人工透析に通っており、所要時間は一回あたり6~7時間。平素から疲れている/もうろうとしているような状態である。人工透析をするようになって耳も遠くなり、視力も低下した。警察に呼ばれてからは精神のほうにもやや支障をきたし、病院に診てもらうようになった。また身体の健康状態も著しく悪化させている。本人は「また警察から電話が来るかも知れない」と恐れている。無言で庭先に立ち尽くしていることもあった』

 ただし、息子さんは運転免許を持っていて車の運転もできるため、外見からは知的障害者とはわかりにくいようです。さらに宮崎県盗伐被害者の会会長の海老原さんによると、息子さんの知的障害は近所の人々にとっては周知の事実であり、且つH警察官の住まいは息子さんの住所と近く、息子さんのことは既知のことだったのではないか、つまりH警察官は息子さんに示談、および指印を要求すれば間違いなく応じることが分かっていたのではないか、と考えられるそうです。
 もしもこれが事実であれば、この行為は警察官が知的障害者に対して適切な合意なしに故意に示談と文書への指印を強要した行為であり、警察官による許しがたい知的障害者の人権侵害行為です。

受理されない被害届の果てに告訴状の提出
 その後、静子さんは海老原さんや盗伐被害者の会会員の方々のサポートを受けながら、幾度となく高岡警察署に足を運びましたが、同署の対応において、彼女らの話を真摯に真剣に聞く態度は微塵も見られませんでした。
 その間、静子さんの林地を盗伐したH林業は、倉岡神社の御神木34本の盗伐にも関与し、同神社の宮司に対して「植林する」と言ったのですが、未だ履行していません(倉岡神社の宮司さんは盗伐被害者の会会員)。さらに2017年、伐採仲介業の岩村進や松本喜代美が逮捕・再逮捕され、各報道機関も高い関心を寄せていた頃(第一回その1参照)、H林業は、静子さんの盗伐現場に残る切り株に砂をかけて隠蔽しようとしました(静子さんの娘さんのご主人が現場で確認)。
 「自身の林地を盗んだ犯人が大手を振ってさらなる悪行を重ねている」。そんな状況を看過することなど到底できず、静子さんらは弁護士等に頼ることなく自ら告訴状を作成し、2018年9月10日高岡警察署に提出し、受理されました。その告訴状には以下のように記されています。「2年と1ヶ月が経過した今、私が受けた精神的、物的悲痛な思いは図りしないものがあります。ゆえに厳罰に処してほしいと願うばかりです」。

 次回は、告訴状を受理した警察のその後の対応、さらに繰り返される警察による人権侵害の実態について紹介します。(三柴淳一)

第一回 宮崎市瓜生野ツブロケ谷(その1)
第一回 宮崎市瓜生野ツブロケ谷(その2)

*1 宮崎日日新聞, 2019年9月28日, 社会面, p27
*2 宮崎日日新聞, 2019年9月5日, 社会面, p25
*3 H林業は宮崎県森林組合連合会(県森連)による合法木材供給事業者認定を受けている
*4 N林業は宮崎県造林素材生産事業協同組合連合会(県素連)による合法木材供給事業者認定を受けている

ALPS汚染水「モルタル固化による陸上保管案」を新たに提案――原子力市民委員会

学識経験者、技術者、NGOなどから構成される「原子力市民委員会」は、10月3日、ALPS処理汚染水の陸上保管案として、新たにモルタル固化案を提案し、経産省、環境省、原子力規制委員会に提出しました。
http://www.ccnejapan.com/?p=10445

ようやくはじまった陸上保管案をめぐる議論

原子力市民委員会は、かねてより、ALPS処理汚染水を海中放出すべきではないという立場から、石油備蓄などで実績のある大型タンクを使った保管案を提案していました。

昨年8月、経済産業省ALPS小委員会が実施した公聴会では、漁業関係者も含めた多くの参加者から「陸上長期保管を行うべき」という意見が表明されました。これを受けて山本 一良委員長は、陸上保管案も一つのオプションとして検討することを約束。今年8月9日の第13回委員会で、ようやく陸上における長期保管の議論が遡上にのぼりました。

原子力市民委員会 2019年10月3日記者会見資料  川井康郎さん作成

しかし、東京電力は、大型タンク保管案について「1基あたり設置に3年かかる」「敷地利用効率は現在のタンクと大差ない」「浮屋根式は雨水混入の恐れがある」「破損したときの漏洩量が大きい」として否定しました。

10月3日の記者会見で、原子力市民委員会規制部会の川井康郎さんはこれに対して、「大型タンクの設置は1.5~2年」「敷地利用効率は向上する」「雨水混入がないドーム型を採用すればよい」「大型タンクは石油備蓄で実績があり堅牢。もちろん防液堤は必要」と反論しました。

モルタル固化案のメリット・デメリット

今回、原子力市民委員会が新たに提案したモルタル固化案は、汚染水をセメント、砂とともにモルタル固化し、コンクリートタンクの中に流し込んで半地下で保管するというものです。川井さんは、米国のサバンナリバー施設での実績を紹介。

原子力市民委員会 2019年10月3日記者会見資料  川井康郎さん作成

利点としては、放射性物質を環境中に放出しないで済むこと、既存技術の適用であること、欠点としては、容積効率が低いこと、発熱による水分の蒸発があげられるとのことです。

その場所が永久処分地になるということで、もちろん地元の合意が必要となります。

本当に敷地は足りないのか?

現在、マスコミは繰り返し、「2022年夏までに敷地が足りなくなる」と報道していますが、これは本当でしょうか? 9月27日、ALPS小委員会に東電が説明した資料をみると、使用済燃料や燃料デブリの一時保管施設として約81,000m2であるとしています。

第14回多核種除去設備等処理水の取り扱いに関する小委員会 資料3

また、2020年代前半に分析用施設や燃料デブリ取り出しのモックアップ施設、敷材保管、研究施設などに用地が必要だとしています。

第14回多核種除去設備等処理水の取り扱いに関する小委員会 資料3

しかし、燃料デブリの取り出しは果たして現実的かつ必要でしょうか?

高い放射能に阻まれて燃料デブリの場所、形状すらわからない燃料デブリ。無理して取り出せば作業員に大量の被ばくを強いることになるでしょう。

原子力市民委員会では、「技術リスク、巨額コスト、被ばく労働を避けるためにも『デブリは取り出さない』という選択肢を真剣に検討すべきである」として、「100 年以上隔離保管後の後始末」を提案しています。

また、研究施設などの建設は、敷地内である必要があるのでしょうか?

さらに、経産省のALPS小委員会では、委員から「現在、土捨て場として利用されている場所の使用を検討すべきではないか」「敷地を拡張すべきではないか」などの意見が出されています。いずれも、経産省事務局からは、「困難」と回答していますが、本当に不可能なのか、真剣に検討した形跡はありません。

経産省は、原子力市民委員会が提案している陸上保管案を、ALPS小委員会、もしくは新たに委員会を設置して、早急に検討すべきでしょう。

(満田夏花)

※共同通信、河北新報に取り上げられました。

▶河北新報「福島第1原発の処理水、モルタル固化を 有識者団体が提案

処理水は長期保管や固化処分を 市民団体、海洋放出反対の提言

※関連記事

▼汚染水長期保管の真摯な議論に水をさすきわめて無責任な環境相の発言

http://www.foejapan.org/energy/library/190911.html

▼汚染水の公聴会大もめ~海洋放出に反対意見次々

https://foejapan.wordpress.com/2018/09/03/0903/

▼ALPS処理水、トリチウム以外核種の残留~「説明・公聴会」の前提は崩れた

http://www.foejapan.org/energy/library/180829.html

気候マーチ、デビューしました!

こんにちは。インターンの鷹啄です。

私は、9月20日「グローバル気候マーチ」に初めて参加しました。

グローバル気候マーチは、国会前で気候変動対策を求める抗議をたった1人で始めたスウェーデンの高校生グレタ・トゥーンベリさんに共感し、彼女のようにストライキを始めた人が、世界中に広まったことがきっかけに開催されました。

特に今回のマーチは、国連気候サミットに向けて、世界150カ国以上で気候危機への緊急対策を求めるために行われたもので、日本では5000人、世界では400万人が参加しました。

当日、国連大学前には各々の想いを載せたバナーを持った人達が集まりました。マーチ開始後、“What do you want?”“Climate Justice!” などと訴えながら表参道・渋谷を歩きました。

9月20日集合場所の国連前広場にて。バナーを持って集まってきました。
出発!
マーチ終盤。

この時私が感じたのは、マーチを行った私たちと、通行人の温度差です。私は昔から環境問題に興味があり、周りの友達もそういう人が多いので、世の中の人達は気候変動に対して興味関心があるのだと思っていました。しかし、実際マーチをしている時、私たちに見向きもせず通り過ぎて行く人達のほうが多かったです。気候変動は私たち全員が関わる問題で、持続可能な社会のために、みんなで対策をするべきものです。でも、そう考えない人のほうが沢山いる。そう気づいた時、とても悲しい気持ちになりました。

ただ、そんな中、一緒に声をあげはじめた人、何をしているのかを尋ねている人もいました。

後日、グローバル気候マーチは色んなメディアに取り上げられました。

マーチは気候変動サミットに向けて行われましたが、それ以外にも今まで関心のなかった人などにも訴えることができたと思います。

世界中の人が早急に気候変動への対策をするべきだと考え、その取り組みを実行する社会となるよう、これからも活動を続けていきます。

★参考文献 グローバル気候マーチ

https://ja.globalclimatestrike.net/#faq

【横須賀石炭火力訴訟報告 vol.1】傍聴者超満員!定員96名を超える120人以上の市民が集結。

今年5月27日に提訴した横須賀石炭火力訴訟。本日、第1回目の裁判が開廷されました。
東京地方裁判所で最も大きい法廷での裁判でしたが、定員96名を超える120名以上の市民が、同裁判の傍聴のために東京地方裁判所に駆けつけました。

裁判での意見陳述にて原告代表の鈴木氏は

「日本は世界の脱石炭の流れに逆行している。日本や世界の将来のために、この裁判で、気候変動を緩和する日本の転換点となったと評価される歴史的な判断を下されるよう切にお願い申し上げる」

と述べました。

その後、同訴訟の小島弁護団長が同訴訟の主要争点を説明。今回の小島弁護団長の指摘は下記の通りです。

・環境影響評価の際、事業者は複数案を検討しなければならず、また、できうる限り影響を最も低減できる対策をしなければいけない。にも関わらず、事業者は複数案の検討はおろか、最も環境負荷の低い方法も検討していない。

・横須賀石炭火力発電所建設「改善リプレース」であるとして環境影響評価の一部を省略したが、5年近く稼働停止していた旧横須賀火力発電所は「改善リプレース」案件ではない。

・2015年に採択されたパリ協定の下で進んでいる脱石炭の潮流を考えると、30年近くに渡って大量のCO2を排出する同計画は、国際条約であるパリ協定の目標達成を大きく後退させ、また日本のエネルギー基本計画にもそぐわない。事業者JERAにとっても採算性は取れない事業と言える。

裁判後、東京地方裁判所前にて。120人以上の市民が駆けつけました。


裁判後、会場を衆議院第一議員会館多目的ホールへ会場を移し、初回期日の報告会を開催しました。
小島弁護団長より改めて今回の裁判の論点をご説明いただいたほか、原告の鈴木陸郎さんより挨拶、また、同じく原告であり、今なお台風被害からの復旧作業に取り組む富樫孝夫さんより、巨大台風という気候変動の影響による被害の実体験や、自分が使う電気を東電から持続可能な新電力への切り替えよう(パワーシフト・キャンペーン)、また、電気の自給自足を進めていこうとのお話をいただきました。その後、浅岡美恵弁護士より世界の気候訴訟の概要、千葉恒久弁護士よりドイツでの脱石炭の情報についてお話しいただきました。

報告会の資料は下記よりご覧になれます。
https://yokosukaclimatecase.jp/document/

裁判後の報告会。会場はほぼ満員に。

次回期日は12月23日(月)14:00~、場所は東京地方裁判所(東京・霞ヶ関)です。
今回同様、裁判後は同裁判に係る報告会を、日比谷図書館にて開催します。
法廷に入廷できなかった場合も、裁判の様子はこちらの会にて裁判の報告をさせていただきますので、ぜひご参加ください。
申し込みフォームは後日、下記webサイトに掲載の予定です。
https://yokosukaclimatecase.jp/

FoE Japanは、引き続き、原告および訴訟サポーターのみなさまとともに、石炭火力の新設計画中止を求めて活動してまいります。

(高橋 英恵)

*今回の横須賀石炭火力訴訟では、同裁判を支援するサポーターを募集しています。サポーターに登録いただいた方には次回期日の詳細、また、関連情報をお届けしています。ぜひ、皆様の知人、ご家族もお誘いの上、横須賀訴訟サポーターにご登録ください!

登録はこちらから↓

https://yokosukaclimatecase.jp/support_us/

9月3日 南極セミナーの報告

こんにちは。 インターンシップで来ている草深です。

私は、9月3日に「かけがえのない南極の海を守ろう!南極海洋保護区をめぐる国際的議論は今」のセミナーに参加してきました。

このセミナーのスピーカーは、国際NGOネットワーク「南極・南極海連合」(ASOC)事務局長のクレア・クリスチャン氏、生物学者/国際NGOネットワーク「南極・南極海連合」(ASOC)アドバイザーのボブ・ジュール氏、国際環境NGO FoE Japan代表理事のランダル・ヘルテンさんでした。

そもそもASOC/南極・南極海連合とは、南極大陸とそれを取り巻く南極海の保護活動を専門に行う唯一の非政府組織(NGO)として1978年に設立されました。

ASOCは、南極の生態系が陸上・海洋と共に、確実に保護され、手つかずで存続するよう努めていて、重要な環境保護目標の推進をしています。また、南極の環境問題専門家を世界各地で活動家として雇用し、南極圏において存在感を示す国々との緊密な協力を実現しています。さらに、一般市民への啓発のためにこのASOCウェブサイトや、ブログ、プレスリリース、キャンペーン支援などを活用しています。近年では、南極海に広大な海洋保護区ネットワークを構築することに注力しているといいます。

本セミナーでは主に、生命の宝庫であった南極海が今、気候変動や水産資源の乱獲、ツーリスト増大や外来種の持ち込みなどの原因により多くの危機に直面しつつあるという件を扱ったものでした。セミナーでは地球上の生物多様性を守るためにはMPA(海洋保護区)は無くてはならないという事を強く訴えていました。

では、MPA(海洋保護区)があるとなにがいいのでしょうか。まず、海洋保護区は海の生態系の保全やその地域の環境の保護を進めることが出来ます。今、漁業で乱獲されたり、生態系や生息環境の破壊等により絶滅が危惧されている海洋生物が存在します。海洋保護区は、そのような海洋生物や環境を自然保護区という明確な区域によって法律またはその他の効果的な手法により管理することができます。また、大規模な生態系を残せること、海洋性の生物たちの生きる場所を残せるなどのメリットもあります。さらに、海洋保護区を作ることにより漁業にもプラスになるといいます。しかし、まだ海洋保護区は南極海の10%しかないとのことなのでこれから海洋保護区を増やしていくことが南極を守る事、海洋生物を守ることに繋がります。

最後に、日本政府・日本人に求めることについてお話されていました。

昔日本は100万トンものオキアミをとっていたそうで、実は日本と南極は深く関わりがあると言います。そのため日本が果たす役割は重要です。日本人に求めることとして、MPAの保全の支持とサポート、市民の関心が大事ということです。南極を守っていくためにも私達一人一人が少しでもこの問題について関心を持ち、MPAを支持することが大切だと思いました。また、この問題の最大の悪影響は気候変動なため、どうしたら気候変動を止められるかを考えていくことも南極を守るために大切なことです。

今回参加して思ったのは、この問題を解決するのには海洋保護区を広めていき支持することが一番良い解決策だと感じました。しかし、全部の地域で海洋保護区を作れるわけでもないため、その部分が今後の課題だとも感じました。また、この問題は他人事ではなく昔から南極と関わりのあった日本人こそ取り組むべき問題だと思うのでたくさんのひとが今の南極の現状を知ることが重要だと思います。

★参考文献  環境省  <海との付き合い方> https://www.env.go.jp/nature/biodic/kaiyo-hozen/viewpoint/viewpoint05.html

台風被害のボランティア@君津市の報告

9月16日(月)FoE Japanスタッフ篠原、矢野とサポーターの土川さん3人で、千葉県君津市のボランティア作業に参加してきました。前日から大雨予報からボランティア活動の中止を告知する地方公共団体が多く、当日もボランティアに行くかどうかギリギリまで躊躇しました。かろうじて、君津市は午前中だけ受付けと記載があり、もしボランティアが無理でも支援物資だけ届けようと、君津市に向かいました。

君津市ボランティアセンターに事務所に保管していたmobiyaランプ(太陽光パネル付きランタン:携帯充電機能あり)を10台もっていったところ、支援物資として喜んで受け取っていただきました。  

ボランティアセンターで手続きをすると、神奈川、埼玉から来た事に驚かれ、感謝されました。でも、車でアクアラインを渡れば僅か1時間半、時間、距離以上に普段の生活の場と被災地との意識の違いがある事を感じました。

君津市は、海岸近い町の中心地は、電気も水道も復旧し、コンビニやスーパー、レストランが普段通りに営業しています。ところが、君津市の4分の3を占める地域には、被災から8日たった今も通電はなく、水道も止まっている地域もあり、5キロほど山に向かうと信号も動いていません。

君津市の全体図

ミッションは市の中心部から離れた地域の集落の各戸をまわり、「ボランティアセンターの開設」の案内チラシを配り、話を聞いてくる役目でした。今日の溢れる情報社会において、電気を失う事で普段簡単に出来る事が全く出来なくてしまう現実がありました。昔ならば口伝て拡散する情報も希薄な人間関係からなかなか伝わらず、逆の情報収集も出来ない事から打開するお手伝いでした。

私たち3名は、君津市の女性1名とチームを組み、清和地区を担当しました。まず避難所になっている清和公民館で情報をもらいました。避難しているのは1家族だけですが、自衛隊のお風呂提供、支援物資(ブルーシート・食料・水など)、保健師の常駐など、清和地区の拠点となっています。清和地区は2つのエリアに分かれており、公民館に遠い三島エリアが、支援場所まで来られていない可能性があり、心配であるとの情報をもらいました。

君津市の南端にある集落から順番に一軒一軒家を訪ねていき、3時間ほどかけて4人で60軒を訪ねることができました。

道沿いには、倒木や折れた枝があちこちにあり、看板が折れ曲がっているところ、電線に飛来物や倒木がひっかかっているところ、電柱が傾いているところ、家の屋根やビニールハウスの破損など、被害の復旧作業はまだまだこれから、と感じました。

訪ねた集落は、ほとんどが農家。水道も電気もまだ復旧していないところがほとんどで、それ以外にも大きな被害受けていて、すごく困っていらっしゃるのですが、それでも、発電機を借りてきて井戸水をくみ上げていたり、ソーラーパネルで電気を自給していたり、屋根は雨が降る前に自分で直したという人がいたり、近所で助け合っている様子もうかがえました。そこに住む方たちの逞しさと昔ながらの近所付き合いの確かさ、それと、道中にすれ違った全国から応援に来ている電気工事関係のたくさんの車に救われた気持ちになりました。

今回訪れた君津市はボランティアセンターが立ち上がったばかりのところでした。必ずしも日頃からボランティアに接しているわけではない方たちがボランティアセンターを運営するのは大変そうです。こういうときに、大勢のボランティアを仕切ることのできる人材が必要だと感じました。平時に、マニュアルに沿った訓練をするだけでなく、仕切り屋さんを養成することも訓練の一つ、と感じました。

(土川、矢野、篠原)

台風15号の被災地 千葉県鋸南町を訪問しました

 

旧佐久間小学校の被害

*台風15号の被害に会われた方々にお見舞い申し上げます。

9/15に事務局長満田とともに千葉県鋸南町に災害支援に行ってまいりました。

昔、祖父母が鴨川市に住んでいたこともあり房総は馴染みの深いところ、お世話になったところであり、なにかできることをしたいと行ってきました。支援になっているかわかりませんが自分のためにやらせていただきました。ネットでは知ることのできない現地の人の心の一端を知り、インフラの様子を知り、今後の意識の向け方に役立てればと思います。

○町の様子
鋸南町役場は通電しておりdocomo系は通信ができました。ここにくることができれば充電や通信はできそうです。地元の方によるとここまで充電をしにくるのは面倒なので停電はとても不便とおっしゃってました。 家屋の半分くらいは瓦が飛ぶなどなんらかの被害を受けていた印象です。ブルーシートでカバーしていた家屋は約10~20%くらいの印象。いかに強風であったかが想像できました。 ビニールハウスはほぼ全滅ではないでしょうか。ガラスのハウスは一見大丈夫そうに見えるので被害はわかりませんが、知り合いの案内で訪問したカーネーションを栽培しているところでは天井のガラスが半分以上落ちて、中のカーネーションにばらまかれていた状態でした。我々も含めて10人くらいで破片をひとつひとつ拾う作業をしました。200坪以上あったと思うので、大変な規模で、あと何週間かかるのでしょうか。

ハウスで割れたガラスを拾う

道の電柱は傾いているものが多数あり、電線で引っ張られて傾くのか、電柱が強風で傾くのかよくわかりませんでしたが、補修する必要がありそうです。看板も半分から折れてそのままになっていたりして、2次災害のための安全確保は自分でやる必要があります。

○物資
事前に情報を集めて物資を用意し、屋根や壁の補修用にブルーシート、ロープ、土嚢袋、ガムテと防災食をお渡ししました。水は受入れされず持ち帰りしました。

物資置き場のスタッフによると、現時点では物資は足りているとのこと。あえて言えば食品と言っていましたが、カップめんのような即席食品は十分ですとのこと。

鋸南小学校の物資置き場

ボランティアでご一緒させていただいた方は野菜類はあるので肉を親戚に届けたとのこと。 必要な物資は刻々と変わると思うので、行かれる方は最新情報を入手する必要があります。 シュナイダーエレクトリック社より支給いただいたバッテリーと太陽光パネル付きランプを持ってきました。太陽光で充電でき、スマホを充電したり夜はランプとして使用できます。物資スタッフの方にお見せして、ニーズがあるか聞きましたが、停電のところは良いと思うがわからないとのこと。スタッフの方が使ってみるとのことでお渡ししてきました。

○労働活動
1箇所目、ボランティアセンターで受付をして、近くの廃校になっていた旧佐久間小学校でごみ拾いや災害ごみの分別をしました。木造三角屋根の素敵な校舎であったと想像できましたが、屋根の大半は飛ばされており、内部もガラスや破片でいっぱいでした。廃校ですが自衛隊の訓練の宿泊にも活用できていたのに、地元の方は、良い校舎なのにお金がないから解体しかないだろうとおっしゃっていました。  校舎からの破片を拾ったり受け入れた災害ごみのうち、分け切れていないものを分別する活動をしてきました。腰を痛めていたので今回の活動では重いものを運ぶ活動はできませんでした。 佐久間小学校の校庭は、災害がれきの集積場になっていて、軽トラなどでひっきりなしに捨てに来る方がいます。瓦、壁板、木、鉄トタン板、プラその他に分かれていて、きっちり分別していました。がれきが少なく、校庭の広さに余裕があるので混乱もありませんでした。津波や浸水被害であったり、首都圏や地方の大都市クラスではこんな秩序だった片付けはできそうにありません。

旧佐久間小学校のがれき置き場

2箇所目、上で書いたように同僚の知り合いのつてで、カーネーション栽培ハウスで割れたガラスの片付けをしました。まだ中途半端に引っかかっているハウスのガラスを全部落として片付けしないと次の収穫ができないようでした。それだけの深刻な被害でも、明るく我々に接してくださった農家さんにたいした言葉をかけられませんでした。

○災害/支援情報
自治体だけでこの状況を乗り切るのは厳しいでしょう。今回は特に初動の遅さが指摘されました。やはり、国が「災害対応省」とかつくって、情報発信とか災害対応のシステムづくりとか、サポートすべきではないかと感じました。刻々と変わる中人や物のニーズ把握やマッチングなどの重要性を感じました。情報収集がもっと早ければ状況は変わっていたかもしれません。

練馬の保養団体の方、辺野古問題に取り組んでいる方など、市民運動やっている方々もいらしていました。心強かったです!

被害に会われた方々が早く普段の生活にもどれますよう願っています。

(田渕透)

日本にもあった違法伐採!! 波紋拡がる宮崎県の盗伐事件(2)

第一回 宮崎市瓜生野ツブロケ谷(その2)

 前回に続き、宮崎県盗伐被害者の会会長の海老原裕美さんが被害当事者となった盗伐事件について、2017年3月にようやく被害届が受理された後の顛末について紹介します。

宮崎県初の盗伐事件にかかる実況見分
 まずは前回説明を割愛した部分を含めて経緯をおさらいします。2016年8月に海老原さんは盗伐被害に遭い、警察に通報した後、2016年11月に宮崎北警察署は海老原さんの被害地の境界や被害状況を確認する実況見分を行いました。林地の所有者であり自身で植林もされた海老原明美さんによれば約200本の立木があったそうですが、警察の検分結果は39本。検分に立ち会った海老原さんは「あまりにも本数が少なすぎる」と感じ、担当警察官に確認したところ、本数は切り株が目視で確認できたものに限られる、との回答でした。警察の実況見分は1日では終わらず、12月にも行われました。
 また同担当警察官によれば、このような盗伐現場の実況見分は、宮崎県でははじめてのことだったようです。海老原さん家族が被害に遭ったことを機に、彼の取り組みによって盗伐問題が公に取り扱われることとなり、宮崎県に蔓延する盗伐問題解決に向けた大きな大きな一歩だったことが伺えます。

警察の本格的捜査が実現、しかし結果は「不起訴処分」
 その後、警察は本格的に捜査に乗り出しました。宮崎北警察署の刑事第一課のK警部補が海老原さんに話した内容によると県警2名、宮崎北警察署5名、応援10名、合計17名体制で捜査をしたそうです。2017年7月19日には、警察は家宅捜査を実施。対象は11ヶ所で約400点を押収したそうです。
 そして前回も触れましたが、2017年10月、有印私文書偽造、同行使、森林法違反(森林窃盗)の容疑で岩村進、松本喜代美、他1名の計3名の容疑者が逮捕され、2017年12月19日には第一回公判が行われました。
 事態は全容解明に向けて好転しているかのように見えたものの、2017年12月28日付けで海老原さんに宮崎地方検察庁から届いた通知では、2017年3月に宮崎警察が受理した海老原さんの被害に関して「不起訴処分とした」との結果でした。

・・・? では岩村進、松本喜代美は一体何の罪で有罪判決を受けたのでしょうか?

 実は瓜生野ツブロケ谷では大規模な伐採(皆伐)が行われ、盗伐被害者は海老原さんのみならず、大勢の地権者が巻き込まれていたのです。

瓜生野ツブロケ谷の盗伐事件の全体像
 今回の盗伐事件のそもそものきっかけは、被害地における地権者の一人が伐採仲介業(いわゆる山林のブローカー)を営む岩村進に山林の売却について相談を持ちかけたことでした。岩村はその地権者の周辺の林地をまとめて伐採することを企画し、岩村の妻や松本喜代美と協力し、一帯の地権者を調べ、他の伐採仲介業者のYとともに買い付けの範囲を決め、山林の買い付け交渉を進めたようです。
 その範囲は大きく東側と西側に分かれ、面積はそれぞれ1.83(ha)と2.93(ha)、地権者数は4名と18名でした。海老原さんは東側の4名のうちの1人に該当します。
 岩村・松本らが山林の買い付けを進める上で、地権者の中には県外在住の方やすでに亡くなっている方が多いことが判明し、対象地におけるすべての山林の買い付け交渉が困難であると認識した彼らは、東側、西側ともに一部の山林の伐採届けを偽造したのです。
 さらにその後の手続きも実に巧妙に複雑になっていて、偽造した伐採届けに記載した届出人の伐採業者I社は実際には伐採をせず、他の伐採仲介業者Tに転売され、そのTを介して伐採業者S社によって最終的に伐採されたのでした。

 つまり、彼らの手口は、伐採対象地のすべての伐採届けを偽造するのではなくて、一部の山林買い付けにおいては、(買い付け価格の妥当性はさておき)合法的な行政手続きによって正式な伐採届け&適合通知書を入手し、それを根拠に周辺の山林を不当に伐採(盗伐)してしまうというものです。その違法性を問われた際は「境界がわからなかった」、「間違えた。故意ではない」など、いわゆる“誤伐”として言い逃れをするのです。
 今回の件で実際に伐採をしたS社について、海老原さんによると、岩村は「S社社長が今回の盗伐について裏で絵を描いた」と供述したそうですが、S社は警察から森林窃盗の嫌疑をかけられたものの、結果的には「お咎めなし」でした。

 本事件に関して、海老原さんのみならず宮崎市でも「伐採届を偽造して提出した」として、届け出に関わった岩村・松本を含む業者らが関与をした4件について2017年10月5日、有印私文書偽造・同行使容疑で刑事告訴しました*1。この4件とは前述した東側に該当するもので、そのうちの1件、海老原さん事案は不起訴でした。また宮崎市では2017年12月14日に追加で4件の刑事告訴をしています*2。追加の4件は前述の西側に該当するものです。東側の4件が起訴されたことを受け、市が2015年11月~2016年2月の間に提出した伐採届について調査をしたところ、この4件の偽造が明るみになったようです。2件は所有者が亡くなっており、残り2件は所有者の同意を得ていないことが確認されました。つまり宮崎市は合計8件の盗伐事件を告発したのでした。
 しかしながら宮崎地方検察庁が起訴したのは3件のみ*3。公判において他の5件は言及されず、岩村・松本に対して「常習性がない」との表現が適用されました。これは事実とまったく異なる表現、認識であり、宮崎地検の対応や判断についても、海老原さんは大きな疑念を抱いています。

盗伐も宮崎県では“誤伐”に
 海老原さんによると、宮崎県においてこの“誤伐”が明るみになった際は、盗伐業者が巧みに示談に持ち込み、とても安価な示談金で手打ちになってしまうケースがほとんどのようです。
 宮崎県盗伐被害者の会会員で延岡市の被害者は、被害届を出そうと延岡警察に約1年半、幾度となく粘り強く熱心に相談を持ちかけたところ、S警部補からその被害者に直接電話があり1時間くらいをかけて「(直接伐採をした)M社が100万円を出すから示談にしなさい」とのやや恫喝まがいの説得を受けたそうです。実はこの被害者は、盗伐被害を受けるのが5回目だったとのこと。1回目は父親所有の林地が被害に。2回目は母親名義の林地。そして当事者所有の林地でも3回に渡る盗伐。さすがに業を煮やして被害届を出すに至ったそうです。
 また同じく会員の川越静子さんの事例では、静子さんの息子さんが盗伐業者の伐採行為を現行犯で発見し、警察に通報したにも関わらず、駆けつけた高岡警察署の警察官は盗伐業者を逮捕するどころか、その場で通報者に対して示談を勧め、示談書への指印を要求したのだそうです。
 次回、川越静子さんの事例を詳しく紹介します。

 本稿では推定無罪の原則に基づき、有罪判決を受けていない容疑者については、原則としてイニシャル標記としていますが、本稿で触れた仲介業者のYやT、素材生産業者のS社、その他、素材生産業者のS社、M社、K社、A社など、被害者の会会員の調べで確実に盗伐に関与している業者が判っています。中には業者自ら「俺が伐った。盗伐だった」といった証言をした事例もあります。驚くことにこれらすべての事業者は宮崎県造林素材生産事業協同組合連合会(宮崎県素連)によって合法木材供給事業者として認定されています。
 実は、被害者の会会員の中に、息子さんが警察官の方がいて、その方によると息子さんは「警察では誰も誤伐だとは思っていない。警察官で知らないやつはいない」という見解を示しているそうです。
 海老原さんは、盗伐に関与したすべての者が有罪判決を受けるべきだと主張しています。

不起訴処分を不当として検察審査会への申立
 その後、海老原さんは自身の林地の盗伐被害について、宮崎地方検察庁(担当はK検事)が不起訴処分としたことを不当とし、2019年2月5日、宮崎検察審査会へ審査申立を行いました。
 その結果、令和元年(2019年)7月11日、有印私文書偽造、同行使、森林法違反被疑事件として「不起訴処分は不当である」と議決されました。この議決により検察官に対して再考と再捜査が要請されました。今後の検察による再捜査の行方が大変注目されるところです。

宮崎県の盗伐被害者の特徴
 政府等から公に発表されている資料やその他報道等において、誤伐(盗伐)は地籍調査*4が済んでいないところで発生しやすいとされています。しかしながら、海老原さんの被害を含め、宮崎県盗伐被害者の会会員の被害事例において、そのほとんどが地籍調査が済んでいる林地でした*5。宮崎県の盗伐実態は、他県における一般論では説明しきれないほど深刻です。
 また、宮崎県被害者の会会員の事例を類型化してみると、そのほとんどが以下に該当します。(1)高齢の独り暮らしの女性、(2)家族は宮崎市内、または県外在住、(3)聴覚障害や知的障害など何らかの障害を持つ、または家族にそうした者がいる*6。いわゆる社会的弱者を狙った極めて卑劣な行為です。そして前回も触れましたが、こうした行為が過去10年間において宮崎市内で少なくとも836件も起こっているのです。
 こうした行為が長きに渡り見過ごされ、隠蔽されてきた宮崎県の森林・林業界の実態。これが森林・林業界だけのことなのか、それとも県下の警察を含む行政機関、検察・裁判所といった司法機関、そして宮崎県選出の国会議員を筆頭とする県・市町村議会議員といった立法機関のすべてに及ぶものなのか、まだその実態は明らかになっていません。さらに宮崎県に限ったことなのか否か、、、判断できる材料はまだまだ不十分です。
 いずれにしても、この状況は違法伐採が問題になっていて、汚職・腐敗が蔓延しているような途上国のものに匹敵します。この国は本当に先進国なのか、疑いたくなります。

 海老原さんの被害から実態が明るみになった宮崎県の盗伐問題。今後もしっかり注視していきます。(三柴 淳一)

第一回 宮崎市瓜生野ツブロケ谷(その1)
第二回 宮崎市高岡町花見字山口(その1)

*1 宮崎日日新聞2017年10月6日紙面
*2 毎日新聞 2018年2月9日
https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00e/040/214000c?_ga=2.2839344.1073703159.1567670225-1507165860.1567670225
*3 宮崎日日新聞2019年7月23日紙面
*4 多くの地域で地籍調査が行われておらず、平成26年度末時点における山村部の地籍調査進捗率は44%
http://www.chiseki.go.jp/plan/sansonkyoukai/index.html
*5 海老原さんの林地は昭和60年9月3日に地籍調査済み
*6 【横田一の現場直撃】被害者が語る森林盗伐の現場/辺野古違法な赤土投入20190108
https://www.youtube.com/watch?v=kqdmp_AorLo