【第5回スクール・オブ・サステナビリティ報告】アクションへの一歩はなんでもいい!

こんにちは。インターンの鷹啄りなです。

今回は10代、20代向けオンライン連続セミナー第5回「気候危機から未来を守るために立ち上がろう!〜日本でアクションするということ〜」に、Fridays For Future Yokosuka(以下、FFF横須賀)メンバーとして登壇しました。

登壇者は私達FFFYの他に、Fridays For Future Sendai(以下、FFF仙台)、白馬高校、Fridays For Future Shizuoka(以下、FFF静岡)、総社南高校の方々がいて、アクションを起こしたきっかけや、今までの活動内容、活動の中で大切にしていることなどについて話しました。

各メンバーのアクションを起こしたきっかけの多くがグレタさんの影響で、最初はたった一人のアクションだとしても、どんどんその輪が拡がっていく凄さを実感しました。

それぞれの団体の今までの活動として、FFF仙台は、県内の石炭火力やメガソーラー、パーム油によるバイオマス発電など、地球に優しくないエネルギー事業者に対して中止を求める運動しているそうです。

FFF横須賀としては、石炭火力発電所建設中止を求める運動について話しました。

白馬高校は村の人を巻き込んだマーチやバザーの実施をしてきたそうです。

FFF静岡は気候マーチや、市への気候非常事態宣言の要請のお話をしてくださいました。

総社南高校は、2019年西日本豪雨で被災した時のボランティア活動などをしていました。

その中でも私は特に白馬高校の話にワクワクしました。私は今までFFF横須賀で、気候危機に立ち向かうために、国や自治体、事業者への働きかけをしてきました。キャンペーンをするたび、「地元の人からの協力をもっと得るためにはどうしたら良いのか?」と悩んでいましたが、難しく考えすぎず、参加して楽しいと思うことをきっかけに気候危機に仲間を増やしていけたらいいんだと気づきました。次は楽しいアクションをしてみたいと思いました!

各登壇者が話したあとは参加者も混じったグループに分かれ、感想を話し合いました。

私のグループでは、「アクションへの第一歩は知識を得ること」「普段周りにいる友達は気候変動への関心が薄いけれど、今ここに沢山の参加者がいるように、気候危機に立ち向かっている仲間がいることが分かった」「まずは身近なエコアクションから始めてみる」などが出ました。

私は登壇者でしたが、多くの参加者がいたことで、改めて気候変動に立ち向かう仲間がいることを実感し、これからも頑張ろう!と思いました。

この記事を読んでくださったみなさん、これを機に、各地域のFFFや、活動家のSNSのフォロー、キャンペーンへの参加などをお願いします!!

今後も私たちと一緒に気候危機に立ち向かいましょう!!

今回の登壇団体のインスタグラムはこちらです↓

Fridays For Future Sendai(FFF仙台)

https://instagram.com/fridaysforfuturesendai

Fridays For Future Yokosuka(FFF横須賀)

https://instagram.com/fridaysforfutureyokosuka

白馬高校

https://instagram.com/hakuba0920

Fridays For Future Shizuoka(FFF静岡)

https://instagram.com/fffshizuoka

第5回のゲストスピーカーのお話は、Youtubeからご覧いただけます。

【楽しかったインターン卒業します!!】

私は約1年半、気候マーチの準備や、聖心女子大学での企画展の展示物の制作、里山活動、ぽかぽかハウスのボランティアなど思い返すと色々なことを経験させてもらいました。

そんな私は、FoEでインターンを通して、世の中の問題に対して声を上げることができるようになりました。

私は今までデモや署名をすることをためらっていました。しかし、2019年9月の気候マーチに初めて参加した時、沢山の仲間がいて楽しいと思いました。SNSでも「参加してきます」という友人の投稿が複数あり、デモをすることは普通のことのように思えました。署名をすることにも最初は抵抗がありましたが、FoEでは様々な問題に対して署名を募っており、そのたびに多くの署名が集まっていることから、私の中で署名をするハードルが低くなりました。また、私はFoEのインターンでありながら、2020年1月にはFridaysForFutureYokosukaのオーガナイザーにもなりました。もしインターンをしていなかったら、声をあげることに抵抗を覚えたままで、今のように積極的に活動をする自分はいなかったと思います。

環境問題に対して何かしたいと思って始めたインターンは、私の人生を大きく変えました。ここでインターンができて本当によかったです。ありがとうございました。

(インターン 鷹啄りな)

10年後の福島〜バーチャルツアー~

スタッフの松本です。2011年3月の東日本大震災および東京電力福島第一原発事故から10年が経ちました。

FoE Japanではこの10年を迎える日に原自連主催の「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」で様々なイベントを開催しました。その一つの企画として、事故から10年が経過した福島から生中継でお届けするバーチャルツアーを国際交流NGOピースボートと開催しました。今回、そのご報告をしたく思います。

本来であれば国内外から参加者を募り、福島の現状を見ることができればよかったのですが、新型ウィルスの蔓延により叶わず、せめて福島の現状を生配信し、様々な方に見て頂く事になりました。

協力して企画を作り上げてきたピースボートの皆さん、福島で案内をしてくださる方とともに準備をし、当日を迎えました。

午前中には、飯舘村に帰還し蕎麦の栽培をしている長谷川健一さんのご自宅に訪問し、自宅の周りを案内していただきました。自宅の周りには未だに除染され積まれた土が大量に積まれていました。いつそれが運び出されるのか、わからないといいます。

長谷川健一さんは元々酪農家で、震災前は50頭の牛がいましたが、震災があり屠殺せざるを得なかったのです。

「我々の家族と同じ牛、その牛たちによって、私達も生きてこられたわけですから、その牛を処分しなければならないと。泣くに泣けない状況だった」。

しかし、その後、震災の影響で餓死した牛の映像を見て、「これはダメだ、何か違う方法があるはずだ」ということですぐに東京に向かい、国会議員をはじめ、牛の処分をしないように訴えます。結果、処分しなくて良いということになりました。

その後、7年間の避難生活の中、長谷川さんはチェルノブイリ原発で廃墟となった街を訪れ、自分の故郷、飯舘村をチェルノブイリのような光景にはしまいと固く思ったといいます。

長谷川さんが飯舘村に帰還した後も、若い人は戻らず自らの子どもや孫も戻るようにも言えませんでした。

広大な農地がある中、機械に頼りやすい農作物が蕎麦でした。42ヘクタール(東京ドーム10個分)の広大な土地を蕎麦畑にしました。ただ、3人の仲間で蕎麦を作っているものの、長谷川さんが最も若いといいます。震災前は、一袋7~8千円でしたが、去年一昨年一袋500円。しかも人の口には入らず、家畜の飼料となりました。去年は2000円でした。

「汚染水にしろ、汚染土にしろ、全て臭いものには蓋をする。そして、地方に押し付けると。全て都合の悪いこと先送りにしている。そういうことはなくさないといけないと思う。」と長谷川さんは訴えます。

午後、去年開館した東日本大震災・原子力災害伝承館の前から、語り部として伝承館でもお話をしている高村美春さんに福島県の海岸沿いの地域、浜通りの現状をお話しいただきました。

津波で多くの方が亡くなった請戸へと向かう道中、原発誘致をめぐる葛藤を語ってくださいました。原発の恩恵をうける地域とそうでない地域、原発に反対する人とそうでない人の間で対立が生まれ、原発による交付金や補償をめぐり、分断が生じたと言います。慰霊碑の前に到着し、原発が爆発したため、避難指示が出て、捜索ができなかったことを振り返りました。原発がなければ、助かった命があったかもしれない。そう悔やむ方が多くいると語ってくださいました。

1年前に避難解除された大野駅の前で、高村さんは「国は帰還困難区域を解除させたい。けれども原子力緊急事態宣言は発令されたまま。おかしくないですか。なんでこんなにおかしいのに、おかしいって言えないんですか。この国はおかしいということも言えないんですか。」と未だに線量の高い地域を解除していくことに対して憤りを感じるといいます。

2017年に避難解除した富岡では、帰還した板倉正雄さんにお話を伺いました。「富岡の夜ノ森は子どもたちにとって故郷ではなくなってしまった。子どもたちは避難先の人になってしまった。」と帰還した人が未だに少ない富岡について話します。

富岡には日本有数の桜並木があります。それを見せるために夜ノ森駅を建て替え、道路だけを避難解除しているといいます。とても不自然な避難解除となっているのです。駐車している車のナンバーも全国から来ており、青森ナンバー宮崎ナンバーなどを見かけるといいます。そして、93歳になっても車を運転し、スーパーや診療所に行っているそうです。

最後に高村さんとともに伝承館に戻り、高村さんにとって10年とは、そして国内外の皆さんに伝えたいことについて語っていただきました。

「語り部として、伝承館で話をしていて、この10年毎日ただ生きてきただけ、その間苦しいこと悲しいことたくさんありました。ただ、そればかりではありません。たくさんの方が気にかけてくださった。助けてくださって、嬉しいことも悲しいことも一緒にいてくださる、そんな10年でもありました。世界の悲しみや苦しみ、そういったものはすぐには消えないかもしれません。けれども、気がついたときに自分が変われば世界も変わるんだと思い、こうやって言葉を紡いできています。今被災地を知った皆さんたちが今変わるときではないでしょうか。そして、この福島から、世界の皆さん、日本のみなさんが関心を持ち続けることで、私達は救われると思っています。私達を忘れないでください。どこか心の片隅でもかまいません、どうかこの福島のこと、忘れないでいてください。」

高村さんの強いメッセージ、そして現地の様子を見て、改めて10年で原子力災害は全く終わっていない、問題は山積していると感じました。

バーチャルツアーでは通信環境などが悪く途中途切れている部分がありますが、ぜひ現地の映像をご覧いただければと思います。

台風19号被災地を脅かすメガソーラー計画

丸森町耕野地区の美しい里山

宮城県丸森町耕野地区(人口約600人)の山林に115.5ヘクタールのメガソーラー設置計画が進められています。

丸森町は2019年10月の台風19号により最も甚大な被害を受けた地域の一つです。大規模な土砂崩れ、道路崩落が発生しました。11名が犠牲(うち行方不明者を含む6名が土砂災害による)となり、現在でも多くの住民の方々が仮設住宅で生活されているとのことです。被災した住民にさらなる不安をもたらすのが、土砂崩れや洪水を防ぐ山林を広範囲に伐採し、切り土や盛り土により地形を大きく改変するメガソーラー計画です。

耕野地区に計画されているのは「丸森プロジェクト太陽光発電所」と「仙南プロジェクト太陽光発電所」の2つの太陽光発電所です。この二つは隣接していており、事業者は異なりますが事業統括、用地交渉業者、施工業者(EPC)、関係する業者はほぼ共通し、住民への交渉も説明会も一緒に実施されています。二ヶ所の面積を合わせると115.5ヘクタールで東京ドーム25個分に相当します。しかし、二つの事業を別事業とすると、環境アセスメントの対象外となっていまうのです。

※環境アセスメントの適用要件(2020年4月施行)・・・第1種事業:4万kW以上。第2種事業:3万kW以上

※宮城県条例による環境アセスメント適用要件・・・第1種事業:3万kW以上又は75ha 以上。第2種事業:50ha以上75ha未満(事業実施区域内に環境保全の観点から法令等により指定された地域があるものに限る。)

事業概要

事業地の大きさと位置関係

2020年6月、住民主体で住民アンケート調査を行ったところ、賛成28.2%、反対65%、無回答6.6%(回答9割)という結果となりました。半数を上回る住民が事業に反対していることになります。

本事業に多くの住民が反対する主な理由のひとつが、自然災害のリスクの増加です。台風19号でも地滑り、土砂崩れが多発し、道路の冠水、家屋の浸水被害も発生しました。耕野地区の地形、地質は脆い特性があり、大規模な土砂崩落の危険性が懸念されています。土壌流出を防ぐ森林を広範囲に伐採し、大規模に切り土と盛り土を行う土地改変は、ますます自然災害への脆弱性を高ることになります。

台風19号直後の耕野小学校校庭

また、森林の保水力の喪失も大きな心配となります。耕野地区には上水道設備がなく、全戸が井戸水を使って生活しています。実は、すでに稼働している別の太陽光発電所(4.6ヘクタール)が開発直後から、付近の住宅の井戸の水位に影響を与えてしまった事例があるといいます。メガソーラー計画を検証する!丸森町耕野の場合(その5) – YouTube 住民側は、5ヶ所設置される調整池の設計・運用計画に関しても、甚大な災害をもたらす可能性があると懸念しています。

本事業の不透明なプロセスや不明確な責任の所在にも住民は不信感を募らせています。

2018年頃から2つの事業の関係者は一緒に地権者に個別交渉を始め、当初、計画の全体像が地域に示されることはありませんでした。2020年2月に住民側からの要請により、ようやく説明会が開催されましたが、説明されたのは簡単な概要のみでした。2020年7月の住民説明会により事業内容が明らかになりましたが、事業者の実態についてはいまだ不明なままです。災害時等の管理方法、責任の所在も不明です。そのような中、2020年12月、本事業を担当する主要事業者が反対する区町への収賄を持ちかけたことで逮捕されました。

このように、地域住民の命にも関わる問題山積の事業ですが、現在も操業に向け手続きが継続されているということです。

FoE Japanは、本事業による生態系の破壊、災害リスクの増加、住民生活への影響に問題視すると同時に、再生可能エネルギーによる温室効果ガス吸収源の破壊、あからさまな環境アセスメント逃れ、林地開発許可法の許可条件に反することから、再生可能エネルギー事業として認められるべきでないと考えます。

オンライン署名はこちらから

現在、住民組織とFridays For Future Sendaiが事業の中止を求めて署名活動を行っています。ぜひご協力ください。

▼住民のみなさんのメッセージ

【緊急署名!!】宮城県丸森町に自然を破壊する大規模メガソーラーを建てないで – YouTube

▼耕野地区メガソーラー計画問題

(20+) 耕野地区メガソーラー計画問題 | Facebook

▼住民の方々による事業計画と問題点の説明

メガソーラー計画を検証する!丸森町耕野のケース(その2)。山奥の桃源郷に突如やってきた巨大な訪問者!!その計画の実態は?

※本ブログ記事に掲載する写真・図等は住民の方々からお借りしています。無断利用はご遠慮ください。