FoE APAC声明:国際社会はイスラエルによるパレスチナ人への弾圧に沈黙するな

FoEインターナショナルおよびFoE アジア太平洋(FoE APAC)は、エルサレムへの米国大使館移転式典の最中に、ガザで数十人ものパレスチナ人が不当に武力攻撃を受けている現状を受け、緊急声明を発出しました。

原文(英語)はこちら

FoE インターナショナルおよびFoE アジア太平洋(FoE APAC)は、エルサレムへの米国大使館移転式典の最中に、ガザで数十人ものパレスチナ人が殺害されたことに、深い悲嘆を感じている。

5月14日月曜日、イスラエルは非武装で平和的に抗議活動を行っていたパレスチナ人に対し、武力を行使し、1日あたりの犠牲者が2014年のガザ侵攻以降、最大となった。ガザの国境フェンス沿いで60人以上が殺害され、2800人以上の抗議者が負傷した(少なくとも1350人は銃による負傷)。イスラエル軍による発砲は、イスラエル政府および軍部が、人命に対していかに無関心であるかはっきりと示している。

月曜日は、7週間前から行われていたパレスチナ人難民の返還を求めるデモ(帰還のための大行進)以降、もっとも残酷な日になった。最近の抗議は、イスラエル建国70周年、及び「ナクバの日(大惨事の日)」、1948年のパレスチナ戦争の間に、70万人以上のパレスチナ人がイスラエルにより故郷を追われ、強制移住が始まった日に、米国が、米国大使館をテルアビブからエルサレムに公式に移転することに端を発した。

200万人のガザの人口のうち、男性、女性、子ども、家族総出で、数万人が3月30日から、国境に隣接した農地を行進した。彼らは故郷に帰る権利を平和的な行動で望んでいた。にもかかわらず、イスラエルは行進するすべての人、女性も、子どもも、車椅子に乗った障がい者にすら攻撃を行った。

ガザに住む人々は2006年にイスラエルがガザ侵攻を開始して以降、悲惨な状況に置かれている。基本的人権すら否定された状況にあるパレスチナ人は非常に困難な生活状況に耐えている。97パーセントの水は飲み水に適さず、医療サービスも限られている。この状況はアメリカによる国連へのパレスチナ難民のための援助が打ち切られて以降、さらに悪化している。

FoE International およびFoE APACは、国際社会がこの状況に沈黙している状況、っしてガザの人々の悲惨な状況を打開することができず、イスラエルによるガザ包囲を解除できていないことを強く非難する。
世界各国の指導者に対し、日々国際法に違反し、説明責任を果たさないイスラエルによる悲惨な不正義を終わらせ、パレスチナ占領を永久的に終わらせるように呼びかける。
最後に、FoE APACは、国際社会に対し、パレスチナ人がパレスチナの首都はエルサレムであるとする声を受け止め、耳を傾けるべきであると呼びかける。

Listen to a statement from Friends of the Earth Palestine’s Abeer Al Butmeh on Real World Radio

“Environmental Nabka: Environmental injustice and violations of the Israeli occupation of Palestine”: A report of the Friends of the Earth International observer mission to the West Bank

広告