収まらない地震…原発本当に止めなくていいの?

4月14日より発生している熊本県・九州地方での地震により、被災されたみなさまへ心よりお見舞い申し上げるともに、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

今日、「川内原発止めて」署名を、呼びかけ人の高木博史さんとともに提出しました。
避難先での苦しい生活や、収まらない地震に大きな不安を抱えている人が沢山いますが、鹿児島の川内原発の安全性に関しても、また福島原発事故のような事故が起こるのではないか、原発を一度止めるべきではないのかと、多くの人が不安の気持ちを抱えています。

熊本出身の高木さんもそのような方のうちの1人。高木さんは「故郷を’帰れない場所’にしたくない」との思いから、署名を開始。署名には最初の36時間で3万を越える賛同が集まり、4月21日現在では10万を越えています。

これまで集まっている約10万筆の署名を携え、内閣府への申し入れに同行。少なくとも10万を越える市民が川内原発の安全に不安や疑問を感じている事、安全第一というならば一度止めて、検査すべきであるということ、などをお伝えしました。陳情には、原発ゼロの会世話人でもある近藤昭一議員も駆けつけました。

IMG_2339IMG_2337

署名は川内原発がとまるまで集め続けるとの事。
是非まだの人はぜひ署名を。
> https://goo.gl/vLAlTf

被災地のみなさまへ 

160416

4月14日より発生している熊本県・九州地方での地震により、被災されたみなさまへ心よりお見舞い申し上げるともに、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

FoE Japanでは、この地震災害に対して、救援活動、緊急支援を行う団体への支援を呼びかけています。以下の団体は、FoE Japanが日ごろから活動で連携したり、協力をいただいている団体です。震災への支援をご検討の際に、参考にしてください。

>http://www.foejapan.org/infomation/news/160419.html#fukushima

また、5年前に震災を経験した福島の方から熊本や大分等で被災されている方へのメッセージが届きました。FoE Japanの保養プログラム「福島ぽかぽかプロジェクト」では共生地域創造財団を通して、九州のグリーンコープさんから食材の支援など多大なご協力をいただいております。熊本の農園からは、坊ちゃんカボチャをはじめ、たくさん美味しいお野菜をお送りいただいております。

今回の地震を受け、ぽかぽかプロジェクト参加者のお母さん方にグリーンコープさんと熊本・大分の被災された方々へのメッセージを募集したところ、あっという間に下記メッセージが届きました。

地震、避難生活の経験者として、とても心配されている方が多く、報道をみて涙が込み上げたり、眠れなくなったりと、福島のお母さん方にとっても、地震の経験が心にまだ大きくあることを感じました。福島の方々は、熊本・大分をはじめ九州の多くの方々に保養や食糧支援で大変お世話になっていると、感謝しています。 被災しているみなさまの今の状況を、我がことのように感じているたくさんの方々がいることが伝わればと思います。

メッセージはこちら