第三回 インターン体験記(森林)

こんにちは。樋口です。
つ、ついにお待ちかねの秋がやってきましたね・・・!
ご飯が美味しくなってくるシーズンの到来ですね^^うふふ

さて、今日は私がFoEで行なった活動を題材に、樋口のインターン体験記の最終回を更新します。
ずっとサークル活動とアルバイトしかしてこなかった文系大学生がNGOでどんなインターンしたのか、、、気になりませんか?笑

ともかく、FoEでのインターンを考えている方に
参考にしていただけたらと思っています。
では、どうぞ(^O^)

第三回【私がFoEで行なった活動】

私自身、軽く前述したように自分でなにかを考えて物事を進めることは苦手だったのですが、FoE Japanでインターンをさせていただいている期間中、FoEで実際に活動している時や日常生活・大学での授業を通じて様々な場面で感じた「NGOの外部の人間と内部の人間の認識の差があまりに大きい」という問題点を解決するために活動をしたいと考えました。

そこで、いかによりたくさんの人に「FoE」や「環境問題の深刻性」を伝えるか・NGOに関する情報のギャップをどう埋めるかを常に考えていました。そこで、コアなファンのみならず、よりたくさんの人に「環境問題」を理解してもらうために・「FoE Japan」という名前を知ってもらい影響力を高めるために、未開拓層を開拓するためにとっつきやすい内容を発信するtwitter広報を進めようとしたり、本をブックカフェに寄贈してPRをしようと企画・推進をしていました。

また、森林のインターンとして幼稚園の子どもたちへ自然の大切さを教える為に間伐木材でできた組み立てベンチをプレゼントする「森のプレゼント」プロジェクトを手伝わせて頂いて子ども達と一緒に木に触れ合ったり、また所属分野に関係なしに興味のある活動に同行させて頂いたり、スタッフさんに興味のある問題の疑問点を教えて頂いたりと、(これがまたすごく面白くてタメになるのです!!!)インターンに入った直後はあまりに自由すぎて戸惑ったのですが、自主性を大事にしてくれるFoEでインターンを過ごすにつれてなるべく失敗を恐れず積極的に頑張るようにベストを尽くし有意義な時間を過ごす事が出来ました。

FoEでインターンをして、FoEでインターンを行わなければ絶対に経験できなかった新たな人やコミュニティとのふれあいや貴重な機会をたくさん頂く事ができ、成長できたのではないかと思っています。

また、FoEでしかできないような貴重な経験をさせてもらったのも財産ですが、自分自身で積極的に動いて何かを解決しようとする努力ができる環境にいることで「自分の中で何かが変わった」と感じられる事が一番自分にとって大きい経験でした。

また、解決が難しい困難な問題に果敢に取り組むスタッフの方々の姿勢をみているだけでも考えさせられるものがあります。社会の仕組みを知る非常に有意義な経験をさせていただく事ができました。

悩む時期も多かったのですが、乗り越えて、現実を知れて、学べてなんだか少し大人になれた気がします。

(・・・たぶん。笑)

 

さて、これで私の更新も最後になります!
これから就活真っ盛りの大学3年生の樋口ですが、
FoEでの経験を思い出しながら
しっかり自分の糧とさせて頂いて成長していこうと思っています^^

無題.png

どうもありがとうございました☆彡
また、どこかで・・・

(インターン 樋口 詩織)

広告

第二回 FoEインターン体験記(森林 )

こんにちは。
FoE森林インターンの樋口です。
今日は前回に引き続き、インターン体験記の第二回を
更新します!

第二回 【FoEで体験・習得できるもの】
さて、前回の更新では始めた頃に大変だったことを書きましたが
今回は体験・習得したことについて更新します。

FoEに入って、よかったと思うことはたくさんあります。
(この中には、もちろん「(知りたくなかったけどもリアルな現実を知れて)よかったな」という気持ちも入っています。
それもひっくるめてFoEのインターンは良い経験になったと思っています。)

NGOという観点から社会を切り取ると、日常生活とは一味違った世界をみることができます。
選挙投票率の低下にみられるように特に若者にとって国民と政治が離れていると感じやすい世の中ですが、NGOにいることで政治の動きや社会に対してアンテナを強く張っていることが可能になり社会問題に対して近い距離で向かい合うことができます。
さらに自分自身が、人に問題提起をしたり問題解決へ向けて働きかける活動をするにあたり自分自身の中で問題を掘り下げて深く考える習慣をつけることができます。
活動の中で矛盾を感じることもたまにあったのですが、考える事が好きな私にはそれもまた面白い経験でした。

無題2.png

(FoEでインターンをはじめてからわたしの自由帳はすさまじいペースで消費をすすめています)

また、FoEの活動を通して嫌というほど分かったことは、市民団体の活動はたくさんの準備や活動を行っても問題解決へ向けて前進するペースがとても遅いということです。
これには、企業や政治などの権力の強さやほぼ絶対的な経済活動への優先順位の高さ・市民団体の影響力の弱さ(NGOそのものの努力不足の点)・市民団体への理解の低さがあげられるのでは、と思っています。
私自身これは経験すると本当につらく感じ、挫折してしまいそうにもなるほどの絶壁に感じていたのですが、
そんな私に「NGOの活動に一発KOなんて、ないんだよ。ジャブをたくさん何回もしつこく繰り返して、最終的に打ち負かせばいいのさ」といっていた言葉が非常に印象的でした。
聞くと、彼らはめげずに(?)何年も同じ交渉相手に交渉を重ねていると聞き、彼らのあきらめない姿勢に脱帽してしまいました。
NGOをよく表わしているのでは、と思います。

しかしながら脱原発チームを見ていると分かるように、ある問題に対して社会的に関心が高まっているときというのはそのうねりを利用して非常に大きな影響力を持つことができます。
たくさんの努力が必要という本質こそ変わらないものの、自分たちで社会を変えられるかもしれないという局面にいちばん近づけるのもNGOで活動をする醍醐味であるのでは、と感じました。

貴重な経験としては、企業相手に異議を申し立てる会合に参加させて頂いたり、はたや企業とNGOとのさまざまな関係性を垣間見ることができたり、
NGOの実態を見れたり、特定の分野で尽力されている海外からいらっしゃった方々と交流する機会があったり、
「社会ってこうして動いているのか」と深く納得できる素晴らしい機会をたくさん頂きました。

そして、問題解決のために非常にハードスケジュールをこなしていながらもなおきらきらしているスタッフの方々は本当に素晴らしいと思っています。
FoEに身を置く事で、問題解決の難しさを知ると同時に、
一方で問題の難しさを知りながらもパッションを持ち果敢に立ち向かう方がいる、
という大事な希望をも知る事ができて、人間ってすごいなぁ・・・
と帰り道にしみじみ思う日々でした。

(ラストの更新に続く。)